無料で免許合宿に参加できるって本当?節約をしたい学生必見!

免許合宿では無料のサービスを付与して、人を集めようと工夫をするところも多いです。レジャー施設のチケットがタダで貰えたり、観光施設への無料案内をしてもらえたりなどが挙げられます。それだけでもお得感はありますが、一方では免許合宿自体が無料になる、という驚くべきプランも登場しているのです。

一体どんなプランなのか、気になる真相に迫ってみたいと思います。

なぜ無料なの?

免許合宿が無料になるその秘密、それは、アルバイトをしながら免許合宿に参加できるからです。労働によって稼いだお金が、免許合宿の費用に充当されますので、結果的に持ち出し費用なしで合宿を利用することができるのです。

アルバイトが込みなこともあって、イメージする無料とは違っているかもしれないものの、教習所の卒業と費用の捻出を同時にできますので、一石二鳥のプランとして注目を集めています。学生にとって免許の取得費用は高額な負担に感じやすいですが、費用の心配がある学生でも、気軽に免許合宿に参加できるのではないでしょうか。

農業体験ができる!

気になるのがアルバイトの内容。メインは農業の仕事であり、ジャガイモやトウモロコシなどの収穫作業を受け持ちます。初心者でも簡単にできる仕事ですし、広大な大地の中で働くという新鮮な時間を楽しめることでしょう。

農業の仕事は若者からも案外人気があるものの、なかなか募集がなかったり、きっかけがなかったりすることで、トライできないこともありますよね。そんな人に正に打ってつけのプランで、参加する学生も少なくないのです。

そもそもこうしたプランが誕生した背景には、農家の人手不足が関係しています。農業の仕事も高齢化が進み、尚且つ跡継ぎ問題もあって、人手の捻出に苦労する農家も少なくありません。一方、免許合宿の費用で悩む学生の存在もあり、そこで両者を組み合わせようというアイデアが誕生。

農家は人材の確保、学生は費用の捻出、という双方にとってメリットのある状況を実現したというわけですね。ついでに、若者に農業の楽しさなども感じてもらうことができますので、ヤングファーマーの拡大に一役買えるという、画期的な側面も持っているのです。

黒字になることも!

無料で参加できるだけでも大きな魅力に感じられますよね。ところが単に、免許合宿が無料になるだけでなく、アルバイト代が費用を上回ることもあるのです。ちょっとした貯金まで作ることができ、お小遣いを稼ぎたい意欲を持っている学生にも最適でしょう。

親睦を深めやすい!

免許合宿の良いところは、参加する生徒同士で仲良くなれることでもあります。特に学生の参加者が多いこともあり、双方が近い年代ゆえに友達にもなりやすいはずです。ただ、普通の免許合宿ですと、馴染むまでに時間が掛かってしまうこともあるようです。

仲良くなれたと思ったら卒業となり、そこまで深い付き合いができなかった、なんてことも。その点、アルバイトをしながらですと親睦がスムーズに深まります。同じ時間をたっぷりと共有することができますし、新鮮な農業体験を通すことで会話のきっかけも盛り沢山です。

また、広い大地に身を置き、土にまみれながら時を過ごすと、不思議と自然体の自分を出しやすくなります。生徒同士の肩ひじ張らない付き合いができるでしょう。派遣先農家の人たちとの交流も生まれ、普段ではなかなかできない会話なども楽しめますよ。

普通自動車免許以外もOK!

取得できる免許の種類ですが、普通自動車以外にも、大型特殊免許や普通二輪免許などを目指すこともできます。大型特殊免許に関しては、トラクターを運転するためにも必要となりますので、将来的に農業系の仕事に就きたい人にもお勧め。

車の免許に加えてバイクも運転したいという人も、免許合宿ならスムーズに取得を目指せるでしょう。

労働期間によってはあまり稼げない

免許の取得費をカバーできるのが魅力のプランですが、ただ、必ずしも無料に達するわけではない点に注意が必要。あくまでも実働した分の給料が免許合宿の費用に充てられるというものですので、あまりアルバイトをする時間がない場合は、不足分が出てしまう可能性があります。

条件が揃った時に無料になるというプランのため、その辺りの確認は参加前にきちんと行っておくようにしましょうね。

滞在期間がやや長め

通常、免許合宿に参加をする場合は、2週間程度の滞在期間が必要です。学生の場合は夏休みなどがあるため、時間的な余裕を作りやすいかもしれませんが、微妙に長い期間でもありますよね。ところが、アルバイト込みのこのプランの場合ですと、もう少し長めの3週間程度の滞在が必要になることが多いのです。

恐らく早く免許を取るために合宿を選択する人もいるかと思われますので、期間が長めですとやや選択をしにくいかもしれません。でも長く新鮮な環境で過ごしたい人からすれば、滞在期間が長めなのはメリットにもなるのではないでしょうか。

労働が重荷となる可能性

免許を目指しながらアルバイトも同時にできるのは、一石二鳥で効率的に思えるかもしれません。ただ勉強や運転の練習をしながら労働もするのは、それなりに大変な面もあります。免許合宿だけでも疲れてしまうという人は少なくないですし、時には過密なスケジュールになることで気持ちに余裕が持てないこともあるのです。

慣れない運転の練習を行うのは意外とプレッシャーが掛かることでもあり、加えて、最終試験に落ちて延泊をするわけにもいかないという不安も出てくるでしょう。そうした中にプラスしてアルバイトをすることになるのは、思っているより大変なこともあるはずです。

最後までしっかりとやり切ることができるのか、その辺りの判断をしっかりと下さなければいけません。

定員が決まっている

アルバイト付き免許合宿に限ったことではありませんが、参加できる定員が決まっていますので注意をした方が良いでしょう。通常の免許合宿よりも、さらに募集人数は少ないものとなっていることが多く、タイミングによっては空きが埋まっていることも考えられます。

また、応募者多数の場合は抽選によって参加者が決定されるため、運によって結果が左右する部分もあるのです。参加費用を無料にできるかもしれないというのは、学生からすれば魅力的なプランで、利用してみたいという人も少なくありません。

どうしようかと迷っている間に埋まってしまうとガッカリですよね。なかなかできない体験が待っていますので、興味がある場合は速やかにアクションを起こすのがお勧めと言えそうです。